寝れない時の睡眠薬服用。あり?なし?副作用についても紹介

クロです。
Instagram/Twitter

この記事では、寝れない時の睡眠薬服用についてや、睡眠薬の副作用についてご紹介しています。

 

睡眠薬の目的と種類

睡眠薬の目的

睡眠薬は不眠症のような睡眠障害を治療するための方法として開発されました。

要は寝れない人が寝れるようになるための治療薬です♪

人は緊張状態だと寝ることができません。

睡眠薬は精神的なリラックス状態にしてくれてスムーズな入眠をサポートしてくれるのです♪

 

睡眠薬の種類

睡眠導入薬(処方箋)

医師から処方される睡眠薬は症状合わせて量や種類を変えてくれます。

主に不眠治療のために処方されることが多いです。

効果が現れるのも切れるのも早いので、一時的な作用が欲しい人に適していると言えます。

 

睡眠改善薬(市販)

医師からの処方が必要なく、ドラッグストアや薬局で自由に購入できる睡眠薬のことです。

それぞれに合わせた配合ではないのが特徴。

風邪薬などを飲んだ時に眠くなる作用を利用してつくられている商品が多いです。

睡眠改善薬は比較的軽い不眠症状の時に適していると言えます。

 

睡眠導入剤(処方箋・市販)

飲んでからすぐに作用する睡眠薬のことを睡眠導入剤と言います。

睡眠導入剤も医師から処方されるものもあれば、市販されているものもあります。

 

ホリエモンは睡眠薬を服用することがあるらしい

例えば、明日の朝は4時から釣りに行くので、逆算して今夜はだいたい10時までには寝ないといけないですね。

あまり眠くならなければ、睡眠導入剤を飲むこともあります。

めったに使いませんが、薬を使うことに抵抗はありません

引用:【ホリエモン流睡眠術】6時間睡眠のススメ!堀江貴文さんの「ムダを徹底的に削る」方法

 

 

睡眠薬の副作用

睡眠薬の用法用量を守らず過剰摂取した場合や睡眠薬の種類によって、このような副作用が起こることがあるそうです。

 

睡眠薬の副作用まとめ

  • 寝起きが悪い
  • 朝早くに目が覚める
  • やめると不眠になる
  • 体に力が入りにくくなる
  • お酒を飲むと攻撃的になる

 

寝起きが悪いのは睡眠薬の効果が持続してしまっているから。

睡眠導入剤のように短時間しか作用しないものは効果の切れ目が早いことから朝早くに目覚めてしまうことが稀にあるようです。

睡眠薬は不眠を改善するためのものではないので、続けて服用していた睡眠薬を急にやめると不眠になってしまうことがあります。

体に力が入りにくくなるなる副作用は作用時間の長い睡眠薬を継続的に服用した方や高齢者に起こりやすいです。

短時間だけ作用する睡眠薬とお酒(アルコール)を同じタイミングで摂取すると興奮しやすくなったり攻撃的になる場合があります。

 

用法用量を守れば副作用の可能性は限りなく低い

睡眠薬の研究は日々行われているため、安全に使用することができます。

なのでこれらの副作用は用法用量を守れば起こりにくいです。

また、睡眠薬を飲むタイミングについてもしっかり判断した方がいいです。

お酒との相性は良くないですし、持続時間と起床時間を照らし合わせて服用しないと逆効果(起きれない、日中眠いなど)になってしまうことがあります。

 

寝れない時の睡眠薬服用はあり?なし?

睡眠薬がないと寝れない!という体質になってしまう人が多いのも事実なので、睡眠薬を服用しての睡眠は「ここぞ!」という時だけにしておくことが得策と言えます。

 

まとめると

どうしても寝なきゃまずい!という時は服用は、あり

毎日服用し続けるのは、なし

 

睡眠薬に頼りすぎず、眠れない根本的な原因を探してみたり、体に負担がかからない快眠方法を探してみるといいでしょう♪

 

睡眠薬ではなく快眠サプリがおすすめです♪

睡眠薬はちょっと、、、という人は、快眠のためのサプリメントを飲んでみると良いかもしれません。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください!

 

今人気のサプリメントが知りたい方はこちら!

 

 

【Instagramもどうぞ】

グルメ系の投稿が多いです。

遡ると日本各地を旅していた時の投稿もあります。

 

  • この記事を書いた人

クロ

元インテリアコーディネーター。 現在はWebライター・サイト運営をしてます。 2017年〜フリーランスになり、日本を旅している途中です。 (コロナウイルスの流行に伴い自粛中) 日々の生活の様子はInstagramに載せています。

-フリーランス

Copyright© i syoku ju , 2020 All Rights Reserved.