【オープン価格とは?】希望小売価格との違い・定価で表示されていない理由も解説

クロです。
Instagram/Twitter

家電や電化製品を購入する際「どれどれ、値段はいくらかな?」と見てみると「オープン価格」となっている場合がありますよね。

「結局いくらなんですか?」というツッコミをしたくなる方は僕だけではないはずです。

オープン価格とは何なのでしょうか?

また、オープン価格とセットで見る機会が多い希望小売価格とは何なのでしょうか?

今回はオープン価格とは何なのか、希望小売価格との違いについて、詳しく解説していきたいと思います。

 

価格はメーカーと小売店で異なる

まず理解しておきたいのは、価格はその製品を製造したメーカーと、その製品を販売する小売店で異なってくるという点です。

小売店は、メーカーの設定した価格に上乗せした価格で販売することで利益を得ることができるからです。

よって僕たちが商品を購入する際の価格は小売店(販売店)で決められた価格になります。

 

「オープン価格」と「希望小売価格」とは何?

では早速本題に入りましょう。

オープン価格とは、メーカーが定価や希望小売価格を設定しないで、小売店に任せている販売価格のこと。

特に家電製品に適用されていることが多いです。

なぜメーカーが定価や希望小売価格を設定しないで小売店に価格設定を任せているのかについては、後ほど解説していきますね。

 

そして希望小売価格とは、メーカーが小売店などに対して「この製品はこれくらいの価格で販売するのが最も最適ですよ」という意味で示す価格のことです。

参考価格と言う場合もありますね。

 

以前は定価表示だったが、ワケあって希望小売価格表示に変更になった

昔まではメーカー側が決定した販売価格である「定価」で製品が販売されていました。

しかし基本的に定価は値上げと値下げが認められないので、実際に販売する小売店側では地域による流通コストや売れ行きなど、様々なところで差が生まれてしまいます。

メーカーが独断で決定した「定価」でしか販売できないとなると、商売が成り立たなくなってしまう小売店も出てきてしまうんですよね。

また、実はこれ「独占禁止法」という法律に抵触しているんです。

なので「メーカー側は希望小売価格の提示に変更しましょうね」という流れになっていきました。

よって定価表示から希望小売価格表示にに変わったことで小売店が商売をしやすい環境になりました。

 

希望小売価格表示をうまく利用する小売店も。なのでオープン価格表示になった

先ほどお話ししたように、メーカー側が定価表示→希望小売価格表示へと変更し、小売店は販売価格を自由に設定できるようになりました。

しかし小売店の中には、希望小売価格表示をうまく利用する店舗も出てくるようになったんです。

[box class="box" title="小売店が希望小売価格表示をうまく利用した例"]

  1. 希望小売価格(メーカー):10万円
  2. 市場相場:9万円
  3. 市場相場通り9万円で販売(小売店)

→小売店はあえて希望小売価格(メーカー)の10万円を表示
→「メーカー希望小売価格の10%OFF!9万円!」と安くなったように告知する

[/box]

どうでしょうか?

あたかも安くなっているような印象を受けますよね?

お客さんがこういった錯覚を起こしてしまうことは「このメーカーの製品は割引が多い」「あまり売れないブランド・製品」というイメージになってしまう場合もあり、メーカーの印象を悪くしてしまう可能性が高くなります。

これは「二重価格表示問題」として取り上げられるようになりました。

よって、販売価格を小売業者に任せる「オープン価格」で表示するようになったということなんです。

 

オープン価格にもデメリットはある。購入者は理解しておこう

今回はオープン価格とは何なのか、希望小売価格との違いについて、詳しく解説していきました。

まとめると

  • 定価
    ↓問題があり、変更
  • 希望小売価格
    ↓問題があり、変更
  • オープン価格

と、このように紆余曲折あり、現在は多くのメーカーがオープン価格を採用している現状があります。

しかしこのオープン価格には、購入者にとって価格がすぐにわからないというデメリットもあるんですよね。

カタログや公式サイトには「オープン価格」としか記載がないことがほとんどなので、「結局いくらなの?」という疑問が生まれますし、安いと思ったら高かったなんてことも。

お目当ての製品の情報に「オープン価格」と書いてあった場合は、ネットで最安値を探す旅に出かけましょう。

 

【Instagramもどうぞ】

グルメ系の投稿が多いです。

遡ると日本各地を旅していた時の投稿もあります。

 

  • この記事を書いた人

クロ

元インテリアコーディネーター。 現在はWebライター・サイト運営をしてます。 2017年〜フリーランスになり、日本を旅している途中です。 (コロナウイルスの流行に伴い自粛中) 日々の生活の様子はInstagramに載せています。

-フリーランス

Copyright© i syoku ju , 2020 All Rights Reserved.