フリーランスになる理由はできるだけ明確な方がいい。そうしないと挫折します。

クロです。
Instagram/Twitter

コロナの影響でフリーランスを目指す人が増えましたね。

僕もフリーランスなのですが、2月頃からフリーランスに関する問い合わせが増えました。

ある統計によると、2030年には日本の人口の約8人に1人がフリーランスになるんだとか。

まだまだ割合は少ないですが、今後フリーランスが増えていく傾向にあるようです。

 

僕は2017年からフリーランスになり、今年で3年が経ちました。

正社員として働いていた頃も充実していましたが、やっぱりフリーランスが良いですね。

最近は「フリーランスになろうと思った理由」を聞かれることが多いため、今回は僕がフリーランスになろうと思った理由についてお話ししていきたいと思います。

 

僕がフリーランスになろうと思った主な理由

僕がフリーランス になろうと思った主な理由は

  • 時間が自由に使える
  • 好きなことを仕事にできる
  • 年収を自由に決められる

の3つです。

 

時間が自由に使えるから
(仕事するしない決めれる、人との予定が決めやすいなど)

フリーランスはいつ仕事してもいいですし、したくない時はしなくていいです。

個人的に「自由に時間を使えるって羨ましいな」と正社員として働いていた頃からすごく魅力的に思えていた部分でした。

仕事をもっと突き詰めたいのにあっという間に退勤時間になってしまったり、反対に「なんか仕事したくないなー」という時でも出勤しなければいけませんでしたからね。

自分のペースで仕事を進めていくことができないため、個人的にはストレスでした。

友達や彼女との時間を取りたいのに取れないなんてことも多々あったので、それも不満でした。

 

1日24時間、寝る時間を省くと16-17時間が自由に使える時間ですよね。

この時間を何に使うかで自分の人生が大きく左右されます。

自分の好きなことで埋め尽くされた1日なら心が満たされた気持ちになり、豊かで余裕のある生活リズムになりますし、周りにも同じような人が寄ってくるので人間関係にも大きく影響してくるのだと、僕は感じています。

 

好きなこと・得意なことを仕事にできるから
(“好き”で埋め尽くされて幸せ・個人の価値を高められるなど)

フリーランスは自分の好きなことや得意なことを仕事にできます。

自分の好きなことで埋め尽くされるわけです笑

仕事をするのは報酬をもらうためっていうのもそうなんですが、「誰かの役に立ちたい」とか「自分の好きなことに触れていたい」とか「存在価値を高めたい」とか、付加価値を求めることも目的になっていると僕は思います。

子供の頃に好きなことに夢中になっていたように、大人になってもその心を持ったまま仕事ができるのがフリーランスの魅力ではないかと僕は思います。

僕は「結局自分は誰なんだろう」と思ったことが何度もありましたが、フリーランスになってその答えが明確になってきました。

「〇〇会社のクロさん」の価値を高めたいのではなく、「クロ」自身の価値を高めたかったのだと今になって実感しています。

 

年収を自由に決められるから(見合った報酬、心に余裕ができる)

フリーランスは自分の年収も好きなように決められます。

正社員の頃にもらっていた給料は社長さんが決めた額なので、自分の給料がなぜその額なのかは知りませんでした。

もちろんボーナスがありますが「果たして注いだ労力に見合った給料だったのか?」と考えてみると、首を縦に振ることはできませんでしたね...。

お金が全てではないですが、注いだ労力に見合ったお金をもらえることもモチベーションになると僕は思います。

 

例えばフリーランスで年収1,000万円を目指すなら、月に約85万円の報酬を得れば良いだけです。

そして、毎月85万円の報酬を得るにはどうしたらいいかを考え、行動するだけです。

自分の好きなことを仕事にできるからこそ、行動するスピードもフットワークの軽さも尋常じゃないくらいに向上しますね。

 

フリーランスになる理由はできるだけ明確な方がいい

フリーランスになりたいと思う人は多いです。

名前かっこいいですしね笑

「個人で仕事してる」とか「独立したんだよね」とか言いたいですよね笑

でも本気でフリーランスになりたけれは、「フリーランスになりたい理由」をできるだけ明確にした方がいいと僕は思います。

 

「なんとなく」とか「会社が嫌だから」では薄すぎる

フリーランスになりたい理由を探した方が良いわけですが、「なんとなくなりたいから」とか、「会社が嫌だから」という理由では薄すぎます。

どうしてもフリーランスでなければいけない理由を探す必要があると僕は思います。

企業にお勤めすることとフリーランスになることおの中間で宙ぶらりんになるのではなく、フリーランス側に行ききった考えをもつ必要があります。

 

フリーランスになる理由を明確にしないと、壁が立ちはだかった時に挫折する

「なぜフリーランスになる必要があるのか」

これを一生懸命に考えた方が良いです。

フリーランスは0から自分で始めるので、絶対に壁が立ちはだかります。

苦労なく楽しいことだけ掻い摘んで進むことはできません。

しんどい時に「自分は〇〇をするために(〇〇になるために)フリーランスでやっていく」という想いが壁を超えるためのガソリンになりますから、始める前にぜひ考えて欲しいと思います。

僕の場合は1週間部屋に篭り、紙にその理由を書きまくりました。

頭がおかしくなるくらいに笑

そうやって出てきた答えが、3年経った今でもブレずに心の中にあります。

辛い時、心が折れそうな時、「頑張って考えたその理由が糧になってくれたなー」と今振り返ってみると実感します。

 

あなたがフリーランスになりたい理由は?

あなたがフリーランスになりたい理由はなんですか?

どのくらい明確な理由ですか?

その理由について熱く語れますか?

もしフリーランスになりたい人は、その理由についてめちゃくちゃ考えて欲しいと思います。

 

↓ご質問・ご相談はInstagramのDMからお願いします↓

 

  • この記事を書いた人

クロ

元インテリアコーディネーター。 現在はWebライター・サイト運営をしてます。 2017年〜フリーランスになり、日本を旅している途中です。 (コロナウイルスの流行に伴い自粛中) 日々の生活の様子はInstagramに載せています。

-フリーランス
-

Copyright© i syoku ju , 2020 All Rights Reserved.