【1Rや1LDKなど間取りの種類を解説】R・L・D・K・S・RF・DENの意味とは?

クロです。

Instagram/Twitter

 

 

1Rや1LDKのように、物件の広さや部屋のタイプは「数字+アルファベット」で表現されていることがほとんどかと思います。

しかし物件を選ぶのが初めての人や、物件情報に詳しくない人の中には「どういう意味なの?」と思われている人も多いはずです。

1Rの「1」ってなに?

1LDKの「LDK」ってなに?

そんな疑問が解決するように、この記事では間取りの種類に関する用語(数字やアルファベットの意味)についてわかりやすく解説していきたいと思います。

物件を探されている人や引っ越しをしようと考えている人の中でこの辺りの基礎知識がいまいちわからない人はぜひ参考にしてみてください。

 

間取りの種類と用語一覧

ではまず、間取りの種類と用語を一覧で見てみましょう。

【間取りの種類と用語一覧】

  • 数字:居室の数
  • R:Room(ルーム)
  • L:Living(リビング)
  • D:Dining(ダイニング)
  • K:Kitchen(キッチン)
  • S:Service Room(サービスルーム)
  • RF:Roof Floor(ルーフフロア=ロフト)
  • DEN:デン

 

【基本】アルファベットの前の数字は「居室の数」

例えば1LDKであれば、リビング(L)ダイニング(D)・キッチン(K)と居室が1つありますよ、という意味、2LDKなら居室が2つありますよ、という意味になります。

 

1R(ワンルーム)

シンプルな間取りで、玄関と居室が区切られていないタイプの物件です。

ミニキッチンが備え付けられていて、トイレ・洗面台・浴室が一体型になっている「3点ユニット」が基本設備のケースが多いです。

 

1K(ワンケー)

1つの居室とキッチンがある間取りです。

居室とキッチンが区切られているタイプが大半。

玄関と居室の間(廊下)にキッチンが備え付けられていることが多いです。

 

1DK(ワンディーケー)

1つの居室とダイニング(D)・キッチン(K)がある間取りです。

 

1LDK(ワンエルディーケー)

1つの居室とリビング(L)ダイニング(D)・キッチン(K)がある間取りです。

 

S:サービスルーム

日本語では納戸(なんど)を意味します。

採光、通風などの関係で制限があり、居室としてはカウントされず、主に収納スペースとして利用する部屋になることが多いです。

 

RF:ロフト

小屋裏収納のことです。

サービスルームと同じく、居室にはカウントされません。

固定されていないハシゴで昇り降りするのが一般的で、ロフトタイプの物件は天井が高めに作られていることが多いです。

プチ書斎や物置きにするパターンが多いかと思います。

 

DEN:デン

英語で洞穴や巣を意味するDENは居室としてカウントされ、書斎や隠れ家のような多目的スペースのことを指します。

 

【まとめ】間取りの種類と用語を理解して、理想の物件に住もう

今回は、1Rや1LDKのような間取りの種類を解説していきました。

最後にもう一度おさらいしてみましょう。

 

【間取りの種類と用語一覧】

  • 数字:居室の数
  • R:Room(ルーム)
  • L:Living(リビング)
  • D:Dining(ダイニング)
  • K:Kitchen(キッチン)
  • S:Service Room(サービスルーム)
  • RF:Roof Floor(ルーフフロア=ロフト)
  • DEN:デン

数字の意味、R・L・D・K・S・RF・DENの意味を理解して、理想の物件に住みましょうね。

 

 

  • この記事を書いた人

クロ

元インテリアコーディネーター。 現在はWebライター・サイト運営をしてます。 2017年〜フリーランスになり、日本を旅している途中です。 (コロナウイルスの流行に伴い自粛中) 日々の生活の様子はInstagramに載せています。

-家具インテリア

Copyright© i syoku ju , 2020 All Rights Reserved.