【恐怖は3種類に分類される】恐怖心に打ち勝つ方法や克服法も紹介

クロです。
Instagram/Twitter

恐怖という漠然としたものを可視化したい時、どういった種類の恐怖があるのかを冷静に分析してみる必要があります。

今回は恐怖の種類と、恐怖の克服方法をご紹介。

恐怖心から行動できない人や、恐怖との向き合い方を知りたい人は是非参考にしてみてください。

 

恐怖は主に3種類に分類される

まず、恐怖は大きく分類すると3種類になるということを理解しましょう。

 

【恐怖の種類】

  1. 肉体的恐怖:痛みや死を連想する恐怖
  2. 精神的恐怖:自己完結的な恐怖感
  3. 知識的恐怖:未知・知らないことへの恐怖

①肉体的恐怖

死を連想する際に生じる恐怖のことを肉体的恐怖と言います。

「高い所」「刃物」「怖い人に囲まれる」「車に惹かれる」などは死を連想できてしまうため怖いのです。

これは生命維持をしようとする人間の本能に起因していると言えます。

 

②精神的恐怖

肉体的恐怖に到達するであろうことに関して、想像や連想をすることで生じる「自己完結的な恐怖」のことです。

人間は未来を想像できる能力があったことでここまで文明が成長できたわけですが、その能力がマイナスに機能してしまっているとも言えます。

実際に何か起きていなくても、未来のこと(まだ起きていないこと)を想像して怖いと感じてしまう状態です。

 

③知識的恐怖

具体的に言えば、未知に対する恐怖、知らないことへの恐怖です。

肉体的恐怖は死を連想することによって起きる恐怖ですが、実際に僕たちは「死んだらどうなるか」を知りません。

精神的恐怖もまた、知識的恐怖がルーツとなっています。

 

恐怖を克服するには?

「知識的恐怖」に打ち勝つ

ここまでに「恐怖は3種類に分類される」ということをお話ししてきましたが、実際は肉体的恐怖も精神的恐怖も「知識的恐怖」によって生じるものであることがお分かりかと思います。

恐怖を克服するには、知識的恐怖に打ち勝てばいいのです。

 

見なかったことにしてしまう

見なかったことにしてしまうと意外とあっさり克服できてしまう場合があります。

都合の良い「記憶のすり替え」です。

 

未知・知らないことに対して「なるようになる」というマインドを持つ

人は未知・知らないことに対して恐怖を感じます(=知識的恐怖)。

これから起きることは自分が好転する上で意味のある出来事だけで構成されており、なるようになるというマインドを持つことが大事です。

 

恐怖は無形。自分次第でどうにでもなる

今回は恐怖の種類と、恐怖心に打ち勝つ方法をご紹介しました。

恐怖は形がなくて、自分次第でどうにでもなるもの。

ぜひ今回の内容を参考にして恐怖心に打ち勝ってみてください。

 

  • この記事を書いた人

クロ

元インテリアコーディネーター。 現在はWebライター・サイト運営をしてます。 2017年〜フリーランスになり、日本を旅している途中です。 (コロナウイルスの流行に伴い自粛中) 日々の生活の様子はInstagramに載せています。

-フリーランス

Copyright© i syoku ju , 2020 All Rights Reserved.