インテリアの黄金期を創りあげたチャールズ&レイ イームズ夫妻の歴史を生誕から辿る

Webライター・インテリアコーディネーターのクロです。
Instagram/Twitter

 

インテリアの黄金期を創りあげた伝説の夫婦「チャールズ&レイ イームズ」

彼らが手掛けた「イームズチェア」や「DSW」「LCW」のような名作の名前だけが世の中を一人歩きしているが、これらは全てイームズ夫妻が創りあげた“逸品”だということも一緒に記憶しておきたい。

イームズ夫妻の生誕からこの世を去るまでの軌跡を辿ってみる。

 

この記事の目次

【1907年】チャールズ・イームズが誕生

チャールズ・オーマンド・イームズは、1907年にミズーリ州セントルイスで産声を上げる。

 

 

【1912年】レイ・カイザー(=イームズ)が誕生

1912年、バーナイス・アレクサンドラ・カイザー(レイ)が、カリフォルニア州サクラメントにて誕生。

子供時代、家族から「レイレイ」と呼ばれており、後に正式に「レイ・カイザー」と改名することになります。

 

【1924年】チャールズ・イームズがワシントン大学建築科に入学

1924年、チャールズ・イームズがワシントン大学建築科に入学。

しかし彼はワシントン大学の方針が合わず、およそ2年後に放校処分となる。

 

【1929年】チャールズ・イームズが最初の妻と結婚

1929年、チャールズ・イームズが最初の妻と結婚。

 

【1930年】チャールズ・イームズがセントルイスで建築設計事務所を開設

1930年、チャールズ・イームズがセントルイスに建築設計事務所を開設。

しかし1929年に起こった「アメリカ大恐慌」の影響を受け、業績は伸びず不調に。

 

【1931年】
レイ・カイザー(=イームズ)が母親と共にNYに移住
 / 美術学校でモダンアートと出会う

レイ・カイザー(=イームズ)は1931年に母親とニューヨークに移住することとなります。

彼女は美術学校に入学してモダンアートと出会い、後に彼女が生み出す作品・作風のベースが構築。

 

【1935年】チャールズ・イームズが設計した教会が雑誌で取り上げられる

1935年、チャールズ・イームズは自身が設立した会社(2度目)で設計した聖マリア教会が雑誌にピックアップ。

当時クランブルック美術アカデミーの学長だったエリエル・サーリネンがこの記事を読み、彼とコンタクトを取ることに。

 

【1938年】チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが出会う

エリエル・サーリネンがチャールズ・イームズを取り上げた記事を読んでから約3年後、クランブルック美術アカデミーの特別研究員としてチャールズ・イームズを学校へ招くことにします。

そこで息子のエーロ・サーリネンと初対面ながらにして意気投合し、共同作品を作ることとなります。

 

【1940年】
チャールズ・イームズとレイ・カイザー(=イームズ)が出会う
/ チャールズとエーロがMoMAのコンペに出展

移住から9年後の1949年、レイ・カイザー(=イームズ)はニューヨークを離れてクランブルックへ入学することに。

そしてこの地でチャールズ・イームズと出会います。

この頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンはニューヨーク近代美術館(MoMA)が主催する「住宅家具のオーガニックデザイン」のコンペに共同で出展。

オーガニックチェア」を含む椅子や収納家具、テーブルなどを出展して優勝を果たします。

このプロジェクトはレイ・カイザー(=イームズ)も手伝っていました。

 

【1941年】
チャールズ・イームズとレイ・カイザー(=イームズ)が結婚
/ ロスへ移住
/ 海軍から「レッグ・スプリント」の依頼が来る

1941年、チャールズ・イームズが5月に前妻と離婚。

そして6月にレイ・カイザー(=イームズ)と結婚します。

シカゴにあるレイ・イームズの友人(クラスメイト)の家で結婚式を挙げさせてもらい、車でカリフォルニア州ロサンゼルスへ移住することに。

(車での移動に1ヵ月かかった)

 

ロスでは「レッグ・スプリント(足の骨折時に使用するプライウッド製の副え木)」を開発してくれないかと、アメリカ海軍からの依頼が。

この依頼が2人の転機となります。

 

【1942年】
レッグ・スプリントの大量受注
 / レイ・イームズが有名雑誌の表紙デザインを担当

前年にアメリカ海軍から依頼されたレッグ・スプリントの受注数は5,000本。

この依頼を機に「プライフォームド・ウッド社」を設立。

当時同社スタッフの中には「ハリー・ベルトイア(後にワイヤーチェアのデザインで有名になる人物)」も在籍していました。

また、レイ・イームズが有名雑誌「アーツ&アーキテクチャー」の表紙デザインを初めて手がけた年でもあります。

 

【1943年】
プライフォームド・ウッド社をエヴァンス社に売却
 / レッグ・スプリントは戦争終結までに合計15万本以上制作

アメリカ海軍から依頼されたレッグ・スプリントですが、代金の支払いが滞納。

よってプライフォームド・ウッド社をエヴァンス社に売却し、同社の成形合板部門として存続することとなります。

戦争が集結するまでに作られたレッグ・スプリントは15万本以上制作しました。

アメリカ海軍からは「人命救助に関する感謝状」のみ送られたといいます。

 

【1945年】レッグ・スプリントの技術を活かして数々の作品を制作

イームズ夫妻は、主にレッグ・スプリントで培った技術を活かして「DSW」「LCW」「チルドレンズチェア」「プライウッドエレファント」などを開発し始めます。

 

DSWを探してみる

posted with i syoku ju

 

LCWを探してみる

posted with i syoku ju

 

チルドレンズチェアを探してみる

公式サイト
Amazon
楽天市場
Yahoo! ショッピング

posted with i syoku ju

 

プライウッドエレファント(イームズエレファント)を探してみる

posted with i syoku ju

 

【1946年】
イームズが手掛けたプライウッド家具の販売権をハーマンミラー社が獲得
 / チャールズ・レイがアレキサンダー・ジラードと出会う

ハーマンミラー社は、イームズ夫妻が手掛けたプライウッド家具の販売権獲得に成功します。

また同年、チャールズ・レイはアレキサンダー・ジラードと出会うこととなります。

 

【1947年】チャールズレイがハーマンミラー社のデザインコンサルタントに抜擢

チャールズ・レイは1947年、ジョージ・ネルソンの推薦によりハーマンミラー社のデザインコンサルタントに抜擢されます。

 

【1948年】
MoMAのコンペで入賞
 / ハーマンミラー社のグラフィックを担当
 / ラ・シェーズを制作

MoMA(ニューヨーク近代美術館) が主催する「ローコスト家具デザイン」のコンペに出展し、入賞を果たします。

そして同年からハーマンミラー社のグラフィックを手がけることとなります。

また、「ラ・シェーズ」を製作したのもこの年です。

 

ラ・シェーズを探してみる

posted with i syoku ju

 

【1949年】イームズ・ハウスが完成

1949年、イームズ・ハウス(=ケース・スタディ・ハウス#8)が完成します。

 

【1950年】新素材「FRP」との出会いでシェルチェアが誕生

当時シェルチェアに使用される素材は金属の予定でしたが、新素材「FRP」の登場で大きく変わります。

FRPとはガラス繊維で補強したプラスチックのことで、金属よりも軽いうえに丈夫でローコスト。

そしてイームズの代名詞であるシェルチェアが誕生しました。

 

シェルチェアを探してみる

posted with i syoku ju

 

【1951年】
イームズ・ハウスにて偉人を招いた茶会を開催
 / チャールズ・レイがアレキサンダーをハーマンミラー社に推薦
 / ワイヤーメッシュチェアを製品化

1949年に完成したイームズ・ハウスにて、偉人たちを招いて茶会が開催されました。

招待されたのは「イサム・ノグチ」「チャーリ-・チャップリン」など。

同年、チャールズ・レイがアレキサンダー・ジラードをハーマンミラー社に推薦し、参加することとなります。

また、FRPの登場により製品化されなかった金属製のシェルチェアは「ワイヤーメッシュチェア」という名前で製品化されることになりました。

(製法は異なる)

 

ワイヤーメッシュチェアを探してみる

posted with i syoku ju

 

 

【1953年】
剣持勇らと親交を深める
 / サイドシェルチェアが誕生

「第3回 アスペン・デザイン会議」に参加した際に、同会議のために訪米した剣持勇らと親交を深めます。

また、シェルチェアの誕生から3年後にあたるこの年、サイドシェルチェアが誕生。

当時DSS(スタッキングベース)はまだ開発されていませんでした。

 

サイドシェルチェアを探してみる

posted with i syoku ju

 

DSSを探してみる

posted with i syoku ju

 

【1954年】イームズ ソファコンパクトの発表

1954年、イームズ ソファコンパクトが発表されました。

 

イームズ ソファコンパクトを探してみる

posted with i syoku ju

 

【1955年】「プライウッド フォールディング スクリーン」「イームズ ストレージ ユニット」が生産中止に

プライウッド フォールディング スクリーン」「イームズ ストレージ ユニット」が生産中止となりました。

 

【1956年】ラウンジチェアを制作

徹底的に座り心地を追求した椅子「ラウンジチェア」を製作します。

 

ラウンジチェアを探してみる

posted with i syoku ju

 

【1957年】
初来日
 / IBMとのコラボ
 / ヴィトラ社がイームズ家具をライセンスで欧州に導入

1957年12月に初来日をし、のちに大規模な展覧会へと発展する「IBM」とのコラボレーションが開始されました。

また同年、ヴィトラ社がイームズが手掛けた家具をライセンスで欧州に導入することにします。

 

【1958年】手掛ける家具のデザインがオフィスや公共向けに変化

イームズ夫妻の手掛ける家具のデザインがオフィスや公共向けのデザインに変化していく年です。

 

【1960年】東京でハーマンミラー社製品展覧会が開かれる

1960年、東京の伊勢丹百貨店にてハーマンミラー社製品の展覧会が開催されました。

 

ハーマンミラー社の製品を探してみる

posted with i syoku ju

 

【1961年】
エーロ・サーリネン死去
 / ラフォンダチェアの制作

苦楽共にしてきたエーロ・サーリネンがこの世を去ります。

同年に「ラフォンダチェア」製作を開始。

 

ラフォンダチェアを探してみる

posted with i syoku ju

 

【1962年】イームズ・ディミトリオスが誕生

現在のイームズオフィス代表で、イームズ夫妻の孫にあたるイームズ・ディミトリオスが誕生します。

 

【1964年】
ニューヨーク万博のIBMパビリオンでフィルムやデザインを手がける
 / 「3473ソファ」「セグメントベーステーブル」を製作

ニューヨーク万博のIBMパビリオンでフィルムやデザインを手がける。

「3473ソファ」「セグメントベーステーブル」を製作。

 

3473ソファを探してみる

posted with i syoku ju

 

セグメントベーステーブルを探してみる

posted with i syoku ju

 

【1965年】展覧会とフィルム製作が活動の中心となる

この年から展覧会とフィルム製作が活動の中心となっていきます。

 

【1968年】ビリー・ワイルダーのために「チェイス」をデザイン

イームズ夫妻が友人だった映画監督・ビリー・ワイルダーのために「チェイス」をデザイン。

 

チェイスを探してみる

posted with i syoku ju

 

【1969年】チャールズ・レイが「デザインとは?」展にアメリカを代表するデザイナーとして参加

チャールズ、「デザインとは?」展にアメリカを代表するデザイナーとして参加。

 

【1970年】大阪万博開催。IBMパビリオンのためにコンピュータ・ハウス・オブ・カードをデザイン

大阪万博開催。IBMパビリオンのためにコンピュータ・ハウス・オブ・カードをデザイン。

 

【1971年】「ルーズクッション・アームチェア」「2ピース・プラスチックチェア」を製作

「ルーズクッション・アームチェア」「2ピース・プラスチックチェア」を製作。

 

ルーズクッション・アームチェアを探してみる

posted with i syoku ju

 

2ピース・プラスチックチェアを探してみる

posted with i syoku ju

 

【1973年】MoMA「チャールズ・イームズの家具」展を開催

MoMA「チャールズ・イームズの家具」展を開催。

 

【1975年】イームズによる最大級の展覧会「フランクリンとジェファーソンの世界」開催

イームズによる最大級の展覧会「フランクリンとジェファーソンの世界」開催

 

【1978年】8月21日、故郷セントルイスにてチャールズ・イームズ死去。
 / 10年後の同日、レイもこの世を去りました。

8月21日、故郷であるセントルイスにてチャールズ・イームズがこの世を去ります。

その10年後1988年8月21日、チャールズと同じ日にレイもこの世を去りました。

  • この記事を書いた人

クロ

元インテリアコーディネーター。 現在はWebライター・サイト運営をしてます。 2017年〜フリーランスになり、日本を旅している途中です。 (コロナウイルスの流行に伴い自粛中) 日々の生活の様子はInstagramに載せています。

-フリーランス

Copyright© i syoku ju , 2020 All Rights Reserved.