abode*(アボード)はどんなインテリアブランド?

クロです。
Instagram/Twitter

この記事では、東京・目黒を拠点にしている「abode*(アボード)」がどんなインテリアブランドなのかをご紹介しています。

確かな実力を持つデザイナーたちが手掛けたアイテムの数々を見れば「1点は持っておきたいインテリアブランド」ということがわかっていただけるかと思います。

2020年7月30日時点で45アイテム。

数じゃなくて質で勝負の「人と被らないおしゃれなインテリア」が多いブランドです。

 

東京・目黒を拠点にしているファニチャーレーベル「abode*(アボード)」

「abode*(アボード)」がショールームを構えているのは東京・目黒。

目黒通り(=通称家具通り)が通っていることもあり、家具インテリアのメッカ、激戦区のこのエリアにショールームがあります。

 

abode*
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-8-3 B102
東急田園都市線「三軒茶屋」駅・徒歩約5分
東急世田谷線「西太子堂」駅・徒歩約2分
※社名は「株式会社アボード」

 

「住居」「住まい」という意味を持つ「abode」をそのままブランドネームとして掲げていることからもわかるように、居住空間に焦点を当てた家具インテリアを取り扱っています。

実力派デザイナーと手を組んで精密に作られたmade in Japanの家具や雑貨たちはデザイン性に加えて実用性も兼ね備えていることから、東京を中心に主に関東圏でコアなファンが多いです。

 

実力派デザイナーたちとのコラボは“量より質”にこだわりを持っている証拠

こちらはabode*(アボード)のショールーム。

“本当に良いもの”だけをセレクトして取り扱っているので、最低限の広さに。

abode*

ただ売れるだけの家具を作るのか、見えない部分にまでこだわって本当に良い家具を作るのか。

ビジネス的な考え方や生産効率を重視してしまえば前者に軍配が上がりそうですが、abode*(アボード)は“量より質”にこだわっており、被らないおしゃれなインテリアブランドです。

 

abode*(アボード)がタッグを組んだデザイナーとその作品たち

abode*(アボード)は多くのデザイナーとタッグを組み、プロダクトを生み出しています。

デザイナーとその代表作を見ていきましょう。

 

松尾 直哉 氏

MOON & EARTH / SUN & MOON

abode*

名前の通り「月」「地球」「太陽」がモチーフになっている時計です。

時針と分針が円盤になっていて柔らかい印象。

数字が書かれていないので、時計なのに時間の概念を押しつけすぎないスタイルがとてもスマートですよね。

円盤が半透明なので、重なり合うと色合いが変わります。

色違い2色展開です。

 

MOON & EARTH / SUN & MOONを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

 

梅野 聡 氏

STRAW - Table Lamp

abode*

ストローの本来の使用目的から逸脱した使い方をしたランプシリーズ。

プラスチック独特の透過された優しい光の漏れ方が心地良さそうですよね。

 

STRAW - Table Lampを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

津留 敬文 氏

CURLY BLONDE

abode*

アクリルで作られたシェードが特徴的なスタンドライト。

隙間から漏れる電球のシャープな光とアクリルを抜けてくる柔らかい光が綺麗です。

abode*

シェードのフォルムやスタンドライト自体の佇まいが美しいので、電気をつけていない時でも目を惹きますね。

 

CURLY BLONDEを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

奈須田 友也 氏

PVCS - Wardrobe

abode*

シンプルな構造のワードローブ。

ジョイント部分にはPVCを使用しています。

折り畳むこともできます。

 

PVCS - Wardrobeを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

上原 理恵 氏

DENIM - Hanger

abode*

abode*(アボード)とEDWINのコラボ。

EDWINのジーンズをつくる過程でできる裁断ハギレを反毛というリサイクル技術でボードにし、家具に生まれ変わりました。(デニムボード)

技術協力は京都工芸繊維大学。

 

DENIM - Hangerを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

ウー・バホリヨディン 氏

SHOJI SET A

abode*

グラフィックデザインのような印象のSHOJIシリーズ。

 

このように、ジョイント部分には釘を一切使用していません。

abode*

 

SHOJI SET Aを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

ロス・ミクブライド 氏

GRID LIGHT

abode*

CDケースをイメージして作られた、ミラーボールのようなペンダントランプ。

水平方向に4枚、垂直方向に6枚のパーツを組み合わせ、その中心に電球が配置されています。

 

GRID LIGHTを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

Tibi 氏

TT

abode*

ダイニングテーブルにもワークデスクにも使える万能テーブル。

天板に脚のガイドをはめているだけのシンプルな構造。

脚は貫(ぬき)に楔(くさび)で留めているだけのシンプル構造で、組み立てと分解が簡単です。

 

TTを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

世界的デザイナー“安積朋子氏”とのコラボは特に注目

http://www.daniel.co.jp/

先ほどご紹介したデザイナーの他に、世界的デザイナーの安積朋子(あずみ ともこ)氏ともタッグを組んでいます。

 

安積朋子(あずみ ともこ)氏とは?

家具、プロダクト&空間デザイナー安積朋子氏は1966年に広島で生まれ、1989年に京都市立芸術大学環境デザイン科を卒業。

同大学は美術家の草間弥生氏(1949年、市立美術工芸学校絵画科卒業)やサグラダ・ファミリアを手掛けた彫刻師の外尾悦郎氏(1977年、市立芸術大学美術学部彫刻科卒業)を排出したことでも有名です。

1995年にはイギリス・ロンドンにある王立美術院(国立の美術大学)「Royal College of Art(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)」のFurniture科において修士の学位を取得し卒業。

また2007年にはグッドデザインアワードの選考委員をされていました。

現在はイギリス・ロンドンに住み、デザイナーとして活躍されています。

Twitter:@tomoko_azumi

 

代表作は機能的な家具「TABLE=CHEST」

abode*

チェストからテーブル、テーブルからチェストへと形を変えることができる「TABLE=CHEST」

ありそうでなかった、とても機能的な家具です。

 

TABLE = CHESTを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

 

EDWINとのコラボ作品「DENIMシリーズ」も注目

abode*

abode*

先ほどご紹介したデザイナー上原 理恵 氏が手掛けたDENIM - Hangerは、abode*(アボード)とEDWINとのコラボ作品でもあります。

EDWINがジーンズを製造する過程で生まれる裁断ハギレを反毛というリサイクル技術でデニムボードにし、家具へと生まれ変わらせる取り組みはメディアでも取り上げられました。

2009年10月7日(水)~10月9日(金)、東京ビッグサイトにて「JFW JAPAN CREATION」が開催されたのですが、そのイベントの「日本ジーンズ協議会」のブース内に「GLOBE」(プロトタイプ)と、 「GLOBE」と同じデニムボードを使用しているEDWIN別注テーブルが展示されましたことでも有名です。

 

DENIM - Hanger以外にも種類があり、セットで使うのも良いですね。

(後ほど紹介します)

abode*

 

こちらはEDWINがジーンズ製造過程にできる裁断ハギレ。

abode*

 

このようにたくさんできる裁断ハギレを有効活用しているわけなんですね。

abode*

 

DENIMシリーズのデニムボードの表面がこちら。

グレーと白の斑模様が特徴的な風合いですね。

abode*

 

 

DENIM - Side Tableを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

DENIM - Hangerを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

DENIM - Stoolを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

 

DENIM - Deskを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

GLOBEを探してみる

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

abode*(アボード)はシンプルで、そのうえ実用性があるプロダクトが多いブランド

今回は東京・目黒を拠点とするインテリアブランド「abode*(アボード)」についてご紹介していきました。

様々なインテリアデザイナーと手掛けたプロダクトや企業とのコラボ作品が魅力的なブランドで、かぶらないインテリアをお探しの方におすすめです。

 

abode*の家具インテリアを探してみる

posted with i syoku ju

 

  • この記事を書いた人

クロ

元インテリアコーディネーター。 現在はWebライター・サイト運営をしてます。 2017年〜フリーランスになり、日本を旅している途中です。 (コロナウイルスの流行に伴い自粛中) 日々の生活の様子はInstagramに載せています。

-インテリアブランド

Copyright© i syoku ju , 2020 All Rights Reserved.