A3 Profil(エースリー プロファイル)はどんなインテリアブランド?

クロです。
Instagram/Twitter

この記事では、A3 Profil(エースリー プロファイル)がどのようなインテリアブランドなのかをご紹介しています。

A3 Profil(エースリー プロファイル)は北欧のインテリアを世界各国に輸出していて、中でも北欧デザインの巨匠「Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)氏」の作品を復刻させたことでも有名です。

雑貨好きの方は特に必見です。

 

A3 Profilはスウェーデンに拠点を構えるインテリアブランド 

A3 Profilはスウェーデン・ストックホルムを拠点とするインテリアブランド。

大企業というわけではありませんが、世界各国に北欧雑貨を輸出していて、インテリア業界では一目置かれている存在でもあります。

もちろん日本企業とのやりとりもあります。

 

ちなみにGoogleMap上では「A3 Profil & Promotion」という名前で記載されていました。

住所はNorra Catalinagränd 35, 183 68 Täby, Sweden。

スウェーデンの首都ストックホルムから車で約20分、電車やバスなどの公共交通機関を使って約45分の位置にあります。

 

北欧デザインの陶芸作家「Stig Lindberg氏」の作品を復刻させたことで有名

https://sv.wikipedia.org/

上の人物がStig Lindberg(スティグ・リンドベリ)氏。

A3 Profilが日本でも注目されているのは、スウェーデンの陶芸家であり北欧デザインの巨匠でもある「Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)氏」の手掛けたアイテムを復刻させたことがきっかけです。

北欧デザインを語る上で欠かせないデザイナーStig Lindberg(スティグ・リンドベリ)氏は2016年8月17日で生誕100周年。

1982年4月7日にこの世を去っているため直接お祝いすることはできないいものの、記念として、そして追悼の意を込めて、当時彼が手掛けた作品の中で最も有名で人気だった「BERSA(ベルサ)シリーズ」を復刻させたのがA3 Profil(エースリー プロファイル)です。

(復刻は2016年)

 

ちなみにBERSA(ベルサ)シリーズを含めたStig Lindberg(スティグ・リンドベリ)氏のオリジナルは1960年代に「GUSTAVSBERG(グスタフスベリ)社」で製造されていました。

この中から、Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)氏の代表作である「BERSA(ベルサ)シリーズ」がノミネートされたというわけです。

 

A3 Profilが復刻させた「BERSA(ベルサ)シリーズ」

BERSA(ベルサ)はスウェーデン語で「葉っぱ」を意味します。

シリーズ名の通り、デザインは美しい葉っぱのグラフィック。

現在の北欧のミッドセンチュリーデザインを象徴するデザインとなっています。

濃いめの緑とベースのホワイトが絶妙なバランスですよね。

明るい緑だとポップすぎてしまうため、このくらいの色の濃さがどんなインテリアとも相性が良かったり。

 

BERSA(ベルサ)シリーズにインスパイアされている雑貨は現在も数多く存在しているため、「なんとなく見たことがある」という方もおそらく多いかと思います。

雑貨屋さんやインテリアショップにありそうなデザインですよね。

このデザインのパイオニアがStig Lindberg(スティグ・リンドベリ)氏、そしてそのシリーズがBERSA(ベルサ)だということを知っている人は少ないので、北欧雑貨が好きな方は記憶しておくと楽しいかと思います。

 

BERSA(ベルサ)シリーズを探してみる

posted with i syoku ju

 

青いプラムが特徴的な「PRUNUS(プルヌス)シリーズ」

グラデーションになっている青いプラムが描かれていて、食卓で挿し色に使えるシリーズですね。

緑の葉っぱがアクセント。

 

PRUNUS(プルヌス)シリーズを探してみる

posted with i syoku ju

 

遠近法を用いた水玉模様の「ADAM(アダム)シリーズ」

ただの水玉模様かと思いきや、遠近法を用いてデザインされた緻密なシリーズです。

 

ADAM(アダム)シリーズを探してみる

posted with i syoku ju

 

ADAMシリーズのデザインを反転させた「EVA(エヴァ)シリーズ」

ADAM(アダム)シリーズを赤色にし、模様を反転させています。

こちらも同じく遠近法でスタイリッシュに。

 

EVA(エヴァ)シリーズを探してみる

posted with i syoku ju

 

緑の鳥が可愛らしい「Turtur(チュール・チュール)シリーズ」

北欧デザインらしい鳥のデザイン。

孔雀でしょうか?

STARBUCKSのウォールアートに描かれていそうな感じもあります。

 

Turtur(チュール・チュール)シリーズを探してみる

posted with i syoku ju

 

北欧地域に咲くキク科の花“アスター”をモチーフにした「BLUE ASTER(ブルーアスター)シリーズ」

アスターは北欧に咲いているキク科の花。

日本で見かける菊と同じ花ですが、こうしてイラストにされるとその様は異なりますね。

 

BLUE ASTER(ブルーアスター)シリーズを探してみる

posted with i syoku ju

 

BLUE ASTERシリーズの色違い「RED ASTER(レッドアスター)シリーズ」

BLUE ASTER(ブルーアスター)シリーズの色違い。

朱色に近い情熱的な赤で描かれています。

 

RED ASTER(レッドアスター)シリーズを探してみる

posted with i syoku ju

 

柳の葉がモチーフの「SALIX(サリックス)シリーズ」

描かれている柳の葉は1枚1枚が均一ではなく、ラフでやさしい雰囲気が特徴。

北欧デザインの中ではシンプルな部類に入るため、ミックステイストがお好きな方が手を出しやすいシリーズです。

 

SALIX(サリックス)シリーズを探してみる

posted with i syoku ju

 

茶色のフチ取りが印象的な「SPISA-RIBB(スピサリブ)シリーズ」

落ち着いていて、ナチュラルなデザインが好印象なシリーズ。

こちらもいろんなインテリアスタイルに合わせやすいです。

 

SPISA-RIBB(スピサリブ)シリーズを探してみる

posted with i syoku ju

 

 

その他のGUSTAVSBERG社製アイテムをチェック

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

 

Stig Lindberg氏のライセンスは息子に。念入りな打ち合わせを決行し、復刻が実現した

先ほどお話ししたように、Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)氏は1982年4月7日にこの世を去っています。

そのため、そのライセンスは息子であるラーシュ・リンドベリ氏にあります。

なのでオリジナルデザインの復刻にあたりラーシュ・リンドベリ氏に許可をもらう必要があったんですよね。

よってA3 Profilはラーシュ・リンドベリ氏と共に念入りな打ち合わせを行い、Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)氏の手掛けたBERSA(ベルサ)シリーズを忠実に再現することができるようになりました。

ヴィンテージマーケットでも非常に手が入りにくくなっていたBERSA(ベルサ)シリーズを蘇らせた功績は世界中のインテリア好きから称賛されたといいます。

 

Stig Lindberg氏の関連アイテムを探してみる

posted with i syoku ju

 

 

A3 Profilの取り扱っているBERSA(ベルサ)シリーズはこちら

A3-Profil

今回ご紹介したインテリアブランドA3 Profil(エースリー プロファイル)はStig Lindberg(スティグ・リンドベリ)氏の手掛けたBERSA(ベルサ)シリーズを復刻させたことで人気があり、取り扱っているアイテムのほとんどが同氏のシリーズとなっています。

気になる方は是非チェックしてみてください。

ご自宅用でもOKですが、プレゼントしても大いに喜んでもらえますよ。

 

A3 Profilのアイテムをチェックする

オンラインショップ

posted with i syoku ju

 

  • この記事を書いた人

クロ

元インテリアコーディネーター。 現在はWebライター・サイト運営をしてます。 2017年〜フリーランスになり、日本を旅している途中です。 (コロナウイルスの流行に伴い自粛中) 日々の生活の様子はInstagramに載せています。

-インテリアブランド

Copyright© i syoku ju , 2020 All Rights Reserved.